訳ありかに ボイル姿たらばがにをお取り寄せ

訳ありかにって言う言葉を耳にしたことありますか?

この「訳ありかに」とは、読んでそのままなのですが、かににいろいろな訳があって、ギフト用としては、販売できない「かに」のことを言います。

そうした「かに」の訳を納得した上で、ご自宅用にどうですか?って販売してくれる商品が、この「訳ありかに」なのです。

もちろん、価格もギフト用として販売してあるものより、格安です!(このページを訪問してくれたあなたからは、「もうそんなこと知ってるよ~!」っていう言葉が聞こえてきそうですが・・・笑

上手な訳ありかに(姿)の選び方

ここでは上手な訳ありかに(姿)の選び方とオススメショップの紹介です。
その前に、基本的な姿たらばがに選びのポイントを少し・・・

まず最初に、たらばがにを販売しているサイトの商品内容の場所に
「雄たらばがに」と書かれているものがおすすめ。

メスのたらばがには、安価ですがオスとメスでは食べ比べると明らかに味に差があります。
メスは産卵のため卵に栄養がとられ、身が痩せている場合があり、これが味にも差が出てくるのです。

ここでは、雄たらばがにを前提に、訳あり(お得な!)たらばがにを探してみましょう。
1匹まるごと!の姿ボイルたらばがにのわけありには、さまざまなわけありがあります。
【1】脚が折れてしまったもの
【2】甲羅に「ふじつぼ」がついているもの
【3】若がにのため身入りが十分でないもの

(若がにとは、脱皮して間がないため、殻の太さにくらべてまだ身が十分でない「かに」のこと)

多くの蟹サイトを見てきましたが、わけあり理由は、この3種類がほとんどです。
この中から絞っていきましょう!

まず【3】は、おすすめしません。
やはり、殻をあけて身が少ないと非常に残念ですね。

一番おすすめしたい「訳ありかに」は、

【2】甲羅に「ふじつぼ」がついているものです。

「ふじつぼ」がついている「かに」は、見た目にはよくないかもしれませんが、逆に考えると、ふじつぼがついているということは、脱皮したばかりのかにではない!ということにもなります。
ちなみに、身が詰まっている脱皮したばかりでない蟹を「堅がに」といいます。

ふじつぼ付かに=堅がに=身が多いということになります。
商品レビュー等で、一番多い苦情は、身入りが少ないというものです。
脱皮して間もないのか殻がやわらかかったという内容も、ちらほら見かけます。

その点、このふじつぼ付き(殻の見栄えがよくないと写真付きで、説明しているサイトもあります。)は、安心できる訳あり理由です。

フォローする